2005年12月01日

遊戯王GX TURN-61「斎王登場!運命のタロットデッキ」

脚本   鈴木やすゆき
絵コンテ 中村憲由
演出   Lee Kyoung Soo
作画監督 Park Chi Man
もっさりがやられてもう戦えない十代。
冒頭の万丈目さんがべジータくさいと思ったら本当にべジータだった話。
しかし子安は一人で全部作品を持っていっちゃうな。
ハングドマンは他のカードと違って正位置の時自分がやられるのね。
白装束に着替えて怪しい宗教にはまったサンダーを救うことはできるのか?
予告の二足歩行海豚見てポイポイダー思い出した。

ところで遊戯王オンラインって、背面さんやってたりしませんよね?
posted by えみゅ at 16:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 遊戯王GX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。